手マンで膣内出血させてしまう原因と対策

〜中イキしそうな時、ラッシュしてはいけない理由〜



手マン中に膣内から出血する事はやはり良くないことです。

何らかの感染症が膣内に入り、膣炎を起こしてしまう可能性もあります。

血を見ることで女性自身も気分が萎えてしまいますし、貴男様の手マンに対する信用を失います。

2度と手マンさせてくれないかもしれません。

愛も冷めてしまう可能もあります。

手マンで膣内出血させることはなるべく避けたいものです。



手マン時の膣内出血には、2つ考えられます。

1.血が滲むように出てくる。

→原因

膣壁を指で激しく擦ることで擦過傷から出血する。

→対策
 
@指で膣壁を擦るは間違い、正しくは、指の腹を膣壁のツボに当てたら、マッサージする様に指を動かす

肩のマッサージを思い出して下さい。

ツボに当てた指で皮膚を擦りませんね。指をマッサージする様に動かします。


A女性が逝きそうな時、力を入れる、手の動きのスピードを速めラッシュするは間違い。痛みが入り逝けなくなります。

膣内出血もさせやすい。

女性が逝きそうな時は、今までの力、スピードをキープする。

その力加減、スピードであれば女性は逝きやすいのです。

手マンによる膣内出血もさせにくくなります。



2.膣内から鮮血が出てくる。膣壁を爪等で切っている。

→原因

ポルチオや膣壁を爪等で傷つけている。

爪を短く切っても、特にポルチオはすぐに切れるので注意が必要です。

→対策

ポルチオを直接指で触らない

女性を手マンでポルチオイキさせる時は、アダムスポットから逝かせる
 
指でポルチオ触ると、切ってしまうことが多い様です。

手マンの身体的テクニックの為には、下記を参考にされるとよろしいかと思います。

奥Gスポット、Tスポット手マン

アダムスポット手マン(ポルチオイキさせる)




3.快感主体の手マンの極意

@弱い手マン力で女性の脳内に快感が入る様にする事であり、その為には女性を性的に興奮させた上で手マンすることが重要

手マン前に女性を興奮させる、興奮させてないと膣内が柔らかくなっておらず、手マン時に女性は違和感を感じる。

手マンに慣れていない、膣が狭い女性の場合は、指一本手マンから始めて、膣内をほぐす。

指2本を膣内に入れる時は、必ずローションを使う。(オイルを膣内に塗らない様に)

手マン前はお湯で手を洗い温める

2本指手マン時は指を挿入する時は、クネクネ進める。等々大切なことは沢山あります。

膣内を柔らかくさせる前戯、指一本手マン等、手マンのやり方については、「トーリー式初級ポルチオセックスセミナー動画

をご覧になって研究されて下さい。



A女性を興奮させる為にはセックスの組み立てが重要

手マンの前時点で女性を興奮させる事の重要性はお分かり頂けたと思います。

私の場合で言えば、

手マンの前に乳房と乳首感度開発を重視しております。

乳首快感は、女性のクリトリスと膣内に響き疼かせます

膣内を柔らかくする効果があります。

乳房と乳首開発はしつこい程行っており、できれば乳首イキは狙いたいものです。

さらに言えば、乳房と乳首開発の為には、その前時点で女性を興奮させておくと、すぐに快感が乗ります。

私の場合で言えば、

女性とセックス前に、女性を性的に興奮させる様々な仕掛けを行っております。

その意味で女性をエスコートしていくセックスの組み立ては重要です。

男女がベッドに入った時点で女性が興奮状態で、女体をフェザータッチすれば、女性は快感に喘ぐ状態にしたいと思っています。

女性を興奮させる前戯の仕方については、
トーリー式中級ポルチオセックスセミナー動画

をご覧になって下さい。


中イキや愛の脳イキをマスターしたい


トーリー式膣イキ(中イキ)講座、ポルチオ開発初級編



このコンテンツは、トーリー佐藤オリジナルなものです。
一切のコピー、転載を禁止いたします。

手マンで膣内出血させてしまう原因と対策

リンクはご自由にお願いします。

トーリー佐藤




inserted by FC2 system