射精コントロールによる早漏解消法

〜 早漏はポルチオセックスを覚えることで治る〜



厳しい言葉で申し訳ございませんが、早漏は女性を苦しめます。

男性は射精してしまうので良いのですが、身体に火のついた女性はどれほど苦しいか?

男性の方は理解できないだろうと思います。

女性はパートナー男性とセックスする事が嫌になります。

結果、セックスレスになったり、他の男性と浮気をしたり。

セックスは男女最大のコミュニケーションと言われますが、それができないわけです。



しかしながら早漏を治そうと、射精を強引に我慢したり、亀頭に強い刺激をしたり、はお勧めできません。

@射精を強引を我慢すると逆流します。

尿道まで来た精液を我慢すると精液は逆流します。

身体にとても悪い。

精液が尿道口からでなくても、男性脳が射精したと解する様でペニスは萎えてしまいます。

勃起できないなら、我慢する意味はありません。


A亀頭に強い刺激を与えると、亀頭感度が悪くなります。

例えば、亀頭をタオルで擦る様な強い刺激を与えてしまうと、亀頭感度が悪くなります。

亀頭感度が悪くなると、遅漏、半勃起しかできない、中折れ、勃起不全、早漏よりもっと怖い悩みに陥ります。

セックスは勃起力が一番大切で、亀頭は感度が高い方が良いです。

実は早漏はすぐに治ります。



射精コントールによる早漏解消法

早漏はポルチオセックスを覚えることで、射精コントロールがしやすくなります。

ポルチオセックスでは、ペニスを膣内奥深くに入れます。

ポルチオセックスではピストンしません

奥深くに挿入したペニスを挿入、亀頭をポルチオに密着させてまま、ペニスを手前に引きません。

ペニスを手前に引かず、ペニスを上下に動かす、もしくは押し込みピストンを行います。

亀頭にポルチオがコリコリ当たるので、男性は亀頭快感が強いのですが、ペニスを手前に引かないので射精がしにくい。

ピストンでペニスを手前に引くと精液は暴発気味に出てしまいますが、引かないので射精しにくい状態が続きます。

ペニスはパンパンに膨らみ硬くなるので、ポルチオはよく動き、女性は快感に騒ぐ、痙攣する。


セックスが終わると女性は感動し、愛が強まるというわけです。

ペニス挿入で快感が強いと女性はとても男性をリスペクトしてくれます。

それだけ女性はペニス挿入されて快感を感じた経験が少ない、というわけです。


△射精コントロールとは、遠くに射精感を感じたらペニスの動きを止める

深呼吸して呼吸を整えます。

射精感が失せたらペニスを動かします。

これを繰り返すと、男性の興奮が落ち着き、膣刺激にペニスが慣れてきます。

ペニスの動きは大きくなり、女性の快感も上がるというわけです。


亀頭感度が高いとポルチオに気づきやすいしペニスは硬いし、ポルチオセックスには向いています。

多くの早漏男性が相談に来ますが、ポルチオセックスを知ると、皆さん落ち着く様です。

中折れや勃起不全に繋がるような早漏解消法はやめた方が良いです。

ポルチオセックスを早く正確に覚える事お勧めします。

初級ポルチオセックスセミナーに参加するもしくは、初級のセミナー動画をご覧頂くとよろしかと思います。

中イキや愛の脳イキをマスタしたい



トーリー式膣イキ(中イキ)講座、ポルチオ開発初級編



このコンテンツは、トーリー佐藤オリジナルなものです。
一切のコピー、転載を禁止いたします。

早漏解消、早漏はポルチオセックスを覚える事で治る

リンクはご自由にお願いします。

トーリー佐藤




inserted by FC2 system