中イキ(ポルチオイキ)しているけど気づかない

〜中イキと愛の脳イキの違い〜



ポルチオセックス勉強している方のお話を聞いていると、パートナー女性はすでに中イキしているケース多いと思います。

(このページの中イキはポルチオイキを指します。)

中イキしているけど女性は気づかない、だから男性も気づかない。



女性は中イキしている最中、「イク!」とは言わないものです。

理由は、「快感が弱くて言う程ではない」が正確なところの様です。

ですので、後から「さっき逝ったよ」と言ったりします。

逝った時の快感が弱いので、中イキしても気づかない女性も多いと思います。



ポルチオ快感で短くなったポルチオが中イキすると伸びる。

伸びた時に痙攣するので「身体が中イキした」と女性は気づくわけですが、快感が弱いので気づかない女性も多いわけです。



一般的に「イク」とは快感が上がり、その極みで「イクー」と言います。

男性の場合は、射精時にまさに「イクー」と発射します。

女性の場合もクリイキの場合は、「イクー」となります。

中イキでも、Gスポットや奥Gスポット、Tスポットイキの場合は、「イクー」となります。



中イキの中のポルチオイキの場合は、快感が極まったわけではない

膣奥が痙攣しても「逝った」と認めない女性も多いはず、もちろん男性も気づかない。

中イキしたけど気づかない、とはこの様な事です。

ここまでがポルチオセックスの領域です。



もっと快感が突き抜けた状態、女性が心から逝ったと認める、女性が追い込まれる程の快感、

快感が強くてこれ以上は受け止めきれない、快感が強すぎる先は女性が気絶状態(エクスタシー)、

女性が「イクイク」叫ぶほど逝き続ける

こういった究極的な快感の逝き方を求めるのであれば、「愛の脳イキ」になります。

特に「愛の脳イキ+中イキ(ポルチオイキ)」で女性は強い快感の中で長く逝き続けます。



この段階まで来ると、女性は心から「イク」を認めると思います。

女性の心の全開放が必要であり、夫婦や恋人でないとこの域は普通来れないと思います。

逆に言えば、夫婦や恋人であれば、この域を目指して欲しいと思います。

「愛の脳イキ」は、「トーリー式中級ポルチオセックスセミナー動画」でご説明しています。

中イキを愛の脳イキと勘違いしている男女が多く、これからも本当のイクに辿り着かない、

中イキしているけど楽しくない、という残念な事になってしまいます。


中イキや愛の脳イキをマスターしたい


トーリー式膣イキ(中イキ)講座、ポルチオ開発初級編



このコンテンツは、トーリー佐藤オリジナルなものです。
一切のコピー、転載を禁止いたします。

中イキ(ポルチオイキ)しているけど気づかない

リンクはご自由にお願いします。

トーリー佐藤




inserted by FC2 system