究極のイク『愛の脳イキ+中イキ(ポルチオイキ)』

〜中イキで終わっては勿体ない、パートナー女性のイク快感を極めましょう〜



中イキとは女性にとって自転車に乗るようなものです。

一人の男性で中イキできれば、他の男性でも中イキできるようになれます。

しかしながら、『愛の脳イキ』は一人の男性でしかできません。


『脳イキ』とは、簡単に言うと脳の誤解です。

女性が極度に興奮して、身体の刺激を脳が過度な程大きな快感と受け取ってしまう。

キスやハグだけでイク、見つめ合うだけでイク、近寄ってくるだけでイク、髪の毛を引っ張るだけでイク等々

神秘的な逝き方、女性の快感が極度に強くなります。


それ程快感力の強い『愛の脳イキ』をしている最中に『中イキ(ポルチオイキ)』をさせると女性にとってとんでもない快感になります。

愛の脳イキ+中イキ(ポルチオイキ)』で す。


『中イキ(ポルチオイキ)』だけだと女性は逝ってる最中に「イク!」と言わないと思います。

どこで「イク」と言ったら分からない、別の言葉で言えば、「イク」と言う程強い快感でない、というわけです。

『愛の脳イキ+中イキ(ポルチオイキ)』になると、女性が痙攣しながら「イクイク」と叫ぶ。

この「イク」には、「もうこれ以上の快感は無理、死んじゃう!」の意味があります。


『ポルチオイキ』のメリットは、男性がやめない限り女性は逝き続けます。

デメリットは、クリイキや奥Gスポット、Tスポットに比べると快感力が劣ります。

ところが『愛の脳イキ+中イキ(ポルチオイキ)』になると快感力が一気に上がります。

クリイキ並みの鋭い快感で女性は逝き続ける」 その為、女性は猛烈に逝きます。


そして、さらにより強い快感があり、

愛の脳イキ+ウテルスセックス』です。

そのまま続けると『エクスタシー(脱魂)』 します。

快感が強すぎて女性脳がオーバーヒートし、全く反応のない、気絶した状態になります。


貴男様の恋人や奥様であれば、究極のイクである『愛の脳イキ+中イキ』を追い求めて欲しいと思います。

まさに『心がイク』逝き方であり、セックスは男女最大のコミュニケーションであることがよく分かるでしょう。


中イキや愛の脳イキをマスターしたい


トーリー式膣イキ(中イキ)講座、ポルチオ開発初級編



このコンテンツは、トーリー佐藤オリジナルなものです。
一切のコピー、転載を禁止いたします。

究極イク『愛の脳イキ+中イキ』

リンクはご自由にお願いします。

トーリー佐藤




inserted by FC2 system